XF 50mm F2 R WR (2)

このレンズを使いだして半年が経った
そんなに持ち出しているわけじゃないけど 半年使って新たにわかったこともあるので書き留めておこうと思う

  • 筐体がコンパクト

これは最初から感じていることだけど 換算75mmのレンズでこのコンパクトさはやはり何よりも嬉しい
小さくて軽いのに防滴防塵、しかも写りも良し
3拍子どころか4拍子揃っている(笑)

  • 撮影リズムがいい

OVFとEVFをすぐに切り替えられるX-Pro2で使うと軽快なリズムで撮影が出来る
M型ライカで75mmとなるとどうしてもピント合わせにかなり気を使うし Visoflexも使いたくなる

その点X-Pro2は街をスナップ的にサッと切り撮る時はOVFで 近接撮影等でしっかりピントを合わせたい時はEVFで…と手元のレバーひとつで瞬時に切り替えられ撮りたいものをストレスなく思うように撮ることが出来る
これは35mmでも50mmでも同じなんなんだけど75mmの中望遠レンズを使う場合このメリットがとてもよく体感できる
とにかくM型で75mmを使うのに比べて撮影が楽なのである (笑)

  •  寄れる

ライカに比べて寄れる!(笑)
このレンズの最短撮影距離は39cm Mレンズは寄れても70cm~なので相当寄れる感覚
寄れる=APS-Cでもボケる!のである (笑)

  • ボケとか描写とか

一方やはりボケの大きさはフルサイズにはかなわない
感覚的にはフルサイズで1段分絞った感じ 75mmf2.8のレンズを使っている感じと言えば分りやすいだろうか?
また描写も極めて優等生でライカのレンズでよく言われる”レンズの味”みたいなものはあまり感じない
f2以下の大きなボケと描写の味を楽しみたいならやはりライカや他の75mmレンズを選ぶことになろう

  • 付属のレンズフードがいけてない

筒型のレンズフードが付属しているがX-Pro2には格好悪すぎて使う気にならない
幸いにして逆光性能もいいので僕的にはフードなしでも特段気にしていない

関連投稿:その1はこちら