RICOH GR III レビュー (3)~機能・操作性について

レビュー第3弾は機能・操作面について

今回ボディサイズを元のGRD程度に小さくしたことでボタン類もすべて見直しされ背面のボタン類もすっきりとしたものになっている
これに伴い操作面も全面的に見直されている
僕にとって一番影響が大きかったのは露出補正の仕方とフォーカスポイントの移動の仕方であった
両方とも常によく使う機能だったので変わった印象が大きいだけだが 特に露出補正は従来からずっと再生ボタン付近に縦に上下ボタンがありそれで補正していたけどGR IIIでは上下ボタンは無くなり初めてADJボタンに割り当てられた
ADJボタンを左右に倒すことで露出補正できるのですが +0.3するつもりがボタンを倒す時間が長くて一気に+1.0まで行ってしまったりまだ少し慣れない
フォーカスポイントの移動は最初元の位置に戻す方法(OKボタン長押し)がわからなかったがこちらはすぐに慣れた
タッチパネルでもフォーカスポイントは自由に移動できるのでこの元の位置に戻す方法さえわかれば使い勝手は従来機よりかなりいい
僕はマニュアル等を見ないでとりあえず使うタイプの人間だけどOKボタン長押し以外は最初からほぼ問題なく使えている

その他ちょっと気になった点は今回新たに搭載された背面ダイヤルだろうか
予想はしていたけど小さい+押し込み機能があるので回している最中にボタンを押し込んで選択画面に移ってしまうことが何回かあった
だいぶコツをつかんできたのと元々僕は手が小さい方なので僕はこのままで慣れることができそうだけど 手(特に親指)の大きい男性はちょっとどうかなぁ~と個人的には少し心配になる

笑っちゃったのがWiFiとBluetoothを利用したスマホ連携
Image SyncというRICOHさん指定のアプリをDLしていざ接続しようとすると何故か出来ない…
と思ったらGR IIIへの対応は4月下旬とのことだった ^^;
最近ではライカでも発売時にはアプリを間に合わせてくるぞ!おい!(笑)

尚 発売前から気になっていたバッテリー(撮影枚数の減少)にかかる使い勝手等については まだ設定画面を多用したり各種確認作業などもしていて いわゆる通常運用になっていないため 少し時間をおいてから報告させていただきたいと思う(バッテリーの減りが早いのは間違いありませんが…(笑))

【RICOH GR III 関連レビュー】
RICOH GR IIIレビュー(1)~画質・描写性能について
RICOH GR IIIレビュー(2)~帰ってきた最強スナップシューター
RICOH GR IIIレビュー(3)〜機能・操作性について
RICOH GR IIIレビュー(4)~マクロモードについて
RICOH GR IIIレビュー(5)~バッテリーについて
RICOH GR IIIの残念なところ
RICOH GR III リコール修理
RICOH GR III お気に入り設定