RICOH GR III レビュー(1)~画質・描写性能について

早速 RICOH GR IIIを手に入れたのでとりあえず確認したかった画質について…

ご存じのとおり今回の新しいGRは画質を決めるレンズ、センサー、画像処理エンジンの3つが全て新開発されている
なので 筐体のサイズや機能面等々 ブラッシュアップされた部分はたくさんあるけど まずは画質がちゃんと”GRクオリティー”であることを確認しておきたかったのである

さて本題
第一印象は一層抜けが良くなった印象を受けた
まさに現代の高性能レンズな感じ
僕にはちょっと抜けが良すぎるくらい (笑)
上の写真はjpeg撮って出しだけど標準ではなくポジフィルム調で撮っている
こんなところで僕の好みをわかっていただければと思う (笑)

僕が今回 画質面で一番気に入ったところは線が細くて繊細な描写をするところ
とても上品な描写は僕のストライクゾーンのど真ん中であった
もちろん歪曲もなくこの辺りは流石のGRクオリティーでまずは一安心

描写性能を決める3つが変わったNew GRだけど流石にRICOHさんもこの辺は外してきませんね
銀塩から続いているGRの"レンズ性能が抜群にいい"というコンセプトも更に深化したと言っていいでしょう

(今回のテーマの画質とは関係ないけど)起動とかビックリするくらい爆速であったことを最後に付け加えおきます
その辺りのことはまた今度…

【関連エントリー】
RICOH GR IIIレビュー(2)~帰ってきた最強スナップシューター
RICOH GR IIIレビュー(3)〜機能・操作性について
RICOH GR IIIレビュー(4)~マクロモードについて