RICOH GR IIIの残念なところ(2)(GRIII レビュー)

以前「RICOH GR IIIの残念なところ」であげた点はリコール修理に出したこともあってほ ぼ解消しているけど 今回はしばらく使っていてやっぱりあるといいなぁ~と思ったのが専用のRAW現像ソフト

ご存じの方も多いと思うけどリコーGRIIIにはRAW現像ソフトが付属されていない
DNG形式なので市販のRAW現像ソフトを使ってねっということだと思うけど 市販の現像ソフトはGR IIIのイメージコントロールに対応していないんですよね…
僕はGRIIIで撮るカラー写真はイメージコントロールのポジフィルム調で撮ることが多いのだけど この色合いが市販の現像ソフトではなかなか再現しにくい(Lightroomのいいセ ッティングがあったら教えてください)
JPEGでバッチリ露出が決まっていればいいのだけれどちょっと思ったよりアンダーだったり またはその逆だったりするときにRAWから現像し直したいんだけど その場合はカメラ内のRAW現像機能を使ってカメラの小さな背面液晶で確認しながらの作業になってしまう

フジのフィルムシミュレーションのようにアドビで用意してくれると嬉しいんだけど 如何せんリコーなんでそんなことは期待できないでしょうね(笑)

ちなみに同じDNG形式を採用するライカはそもそもイメージコントロールやフィルムシミュレーションといった機能がないので こんな悩みは発生しない(笑)
(幸いにM10-PはLightroomで開いたDNGファイルとカメラ撮って出しのjpegの色味はほぼ似ているので扱いやすい)

【RICOH GR III 関連レビュー】
・RICOH GR IIIレビュー(1)~画質・描写性能について
・RICOH GR IIIレビュー(2)~帰ってきた最強スナップシューター
・RICOH GR IIIレビュー(3)〜機能・操作性について
・RICOH GR IIIレビュー(4)~マクロモードについて
・RICOH GR IIIレビュー(5)~バッテリーについて
・RICOH GR IIIの残念なところ
・RICOH GR III リコール修理
・RICOH GR III イメージコントロール
・RICOH GR IIIの残念なところ(2)
・RICOH GR IIIお気に入り設定

【その他】
・GR × nano・universe ストリートバッグ
・GRの切り撮り方