GR IIIの残念なところ

写りはほぼ完璧と思えるGR IIIだけどハード面では残念なところがやや目立つ
ライカでもないのに実売10万円を超えるコンデジなのだから不満が出るのも無理がないと思う

  • 背面十字キーの印字が傾いている
  • リングキャップのロックが甘くて外れやすい
  • (聞くところによるとフードアダプタを装着した場合も遊びが多くガタがある模様)
  • 本体充電がデフォルトなのにもかかわらず端子キャップの作りが貧相で壊れそう
  • WiFiのアプリが発売後1ヶ月経っても未だリリースされない

率直に詰めが甘いとしか言いようがない(笑)
何をそんなに慌てて発売する必要があったのだろうか?と思ってしまう
既にGR II発売後何年も経っているわけだから 今更1ヶ月や2ヶ月発売が遅くなったとしてもユーザーがどうこう言うことはなかっただろうし…

まあ上記のうちいくつかはそのうち直るんじゃないかと思いますが初期ロットはこんな感じです
僕的には思わず2010年に購入したLeica X1を彷彿してしまいました(笑)

という事でリコール修理 どうしようかなぁ~と悩み中 ^^;
該当シリアルナンバーにバッチリ入っているんだけど 正直たいして傾いてないし面倒くさいなーっと (笑)

【関連エントリー】
RICOH GR IIIレビュー(1)~画質・描写性能について
RICOH GR IIIレビュー(2)~帰ってきた最強スナップシューター
RICOH GR IIIレビュー(3)〜機能・操作性について
RICOH GR IIIレビュー(4)~マクロモードについて
RICOH GR IIIレビュー(5)~バッテリーについて