Leitz Summicron50/2 2nd

前回のエントリーからレンズ繋がりでちょっとレンズの話を…

ズミスロン50mmのオールドレンズと言えば初代の沈胴か固定鏡胴が人気なのかなと思いますが 僕は密かに第2世代を気に入ってます

2世代目というのはドラマでも映画でもそうですが第1作目からの変化・Tryを求められるのでその結果 当たり外れが激しいことが多いです
また2世代目の宿命としてどうしても初代と比較評価されるため初代が高評価であればあるほど辛口の評価が付きまといます
このズミクロンも例外ではなく 他の世代と比べると若干地味な存在となっていると思います

ですが 僕は現代的な描写とオールドレンズならではの味わい深さがバランスよく同居していて 僕が主に使っている現行ズミルックス50とは全く違う写りを楽しむことが出来るのことに大きな魅力を感じています
初代だったらズミクロンよりズミルックスかな~と思うところもあり、また次の第3世代はレンズもコンピュータ設計になり鏡胴の文字も今のコンピュータ文字になる いわゆるニュージェネレーションだしな~ということもあり この第2世代が程よく感じています

一言でいうと"塩梅がいい"1本なのです (笑)

持ってないけど同じ世代のsummilux50 2ndも一度使ってみたいですね~

【ライカ/Mレンズ Small Talk】
・2008年 横浜
・summilux 35mm/f1.4 asph.(FLE)
・Nokton Classic 35/1.4 SC VM
・ポケットに入るライカ
・2つの限定ノクトン
・NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM
・Capture One ProとLightroom
・ライカレンズの品質(Summilux 50/1.4 asph.修理)
・Leitz Summicron50/2 2nd
・フィルムライカという選択
・ズマロンと2つのIROOA
・愛するカメラ
・カメラバッグ カメラケースあれこれ
・モノクローム専用機あれこれ
・ブラックペイント塗装